ジスロマック効果持続性

ジスロマックは効果の持続性がある抗生物質です。

風邪をひいた時に、ジスロマックという抗生物質を処方されました。

 

このジスロマックはほかの抗生物質とは異なって、効果の持続期間がとても長いのが特徴とされています。

 

普通、風邪を引いたときは抗生物質を飲むなら、1日2回を朝晩5日間くらい飲み続けますが、このお薬は1日3回朝昼晩と飲んだら、1週間効果が発揮されるのでしばらく飲まなくても良いとされています。

 

実際、ジスロマックを処方されて飲みましたが、抗生物質を飲んだ時にありがちな頭がフラフラしたりする副作用もなく、使いやすく喉の痛みもおさまりました。

 

毎回飲まなくて良いので、飲み忘れなども起こりにくくてとても便利です。

 

風邪で処方されましたが、実際よくつかわれているのは、耳鼻科や歯科などのようです。

 

特に副鼻腔炎の治療では、抗生物質を継続して1ヶ月とか飲み続けないといけなかったりしますので、そのような時にはこの抗生物質はかなり役立つのではないかなと思います。

 

長期間の服用になると飲み忘れも出てきやすくなるので、そのような心配がある人は、お医者さんに相談して、ジスロマックを処方してもらうことも可能だと思います。

 

同じマクロライド系の抗生物質を処方されるのであれば、こちらのジスロマックほうが処方された側も使いやすいと思います。

 

ジェネリックもあるみたいなので、お薬の値段を少しでも安く抑えたいのであれば、ジェネリックで処方してもらうのが良いかもしれません。

 

抗生物質以外のお薬もそうですが、自分の判断で服用を中止したりするのは良くないので、必ずお医者様の指示に従って飲んでください。

 

ジスロマックのジェネリック一覧
アジスロマイシン 沢井製薬株式会社
アジスロマイシン 東和製薬株式会社